ジムトレ35回目、「何を、どう食べているかの、可視化、分析作業」、本日の栄養表

本日のジムトレ結果は、以下の通りです。

【35回目】マシーン
*(アームカール7.2㎏10×1)
*(シーデッドロー20㎏10回×1)
*(バックエクステンション44、39kg 10×1)
*(シーデッドレッグロール26、24kg10×1)
*(レッグエクステンション26、24㎏10×1)
*(アダクション32、29Kg×1)
*(アプダクション32、29㎏10×1)
*(レッグプレス98、88㎏10×1)
*(カーフレイズ(88、78kg10×1)
*(クランチ13、14kg10×1)
*バイク、トレッドミル、ストレッチ        計1時間00分。

ジムトレ結果

今日は、久々に日曜日の朝早めに行きました。すると、いつもの常連さんは少なく、見たことない顔ぶれが数名いました。その方達がちょっとあまり感じがよくなくて、場の雰囲気が悪かったですね。私は、黙々とルーチンをこなして、サッサと引き上げてきました(笑)。

さて、トレの方ですが、今日は、重量、回数共に軽めに実施しました。最初、いつもの重量を挙げてみたのですが、思いのほか重く、金曜日の疲れがまだ身体に残っているような感じでした。なので、今日は早めに切り上げ、オーバーワークにならないように注意しました。トレッドミルは、順調に疲れなくこなせました。少々しんどくても、最後までやり通す気力も付いてきました。

何を、どう食べているかの、可視化、分析作業

今日は、6月1日~6月10日までの体重、体脂肪、何をどう食べているか(食べ方の傾向)をExcelに書き出し、表にして分析作業をしました。そうすることで、今後の減量(徐脂肪)につなげて行きます。

その結果、私の場合、「ジムに行く、行かないにかかわらず、蛋白質量は一定で良い」という結論に達しました。つまり、「ジムに行ったからと言って、蛋白質を多く取る必要はない」と言うことです(以前は、ジムに行った日は、プロティンを含めて、蛋白質量を多めに摂取していました)。ここでいう蛋白質とは、食事からの蛋白質もプロティンも含めてのことです。今は、減量中(徐脂肪中)なので、余ったたんぱく質は、体内で脂肪に変わります。

また、炭水化物(玄米)の食べ方については、100g~120gで、これを均等に3等分するのではなく、比率を変えて食べることが必要で、副菜と各栄養素の兼ね合いも大切になってくるのだと分かりました。

私的には、「食べてはいけないもの」は、無いと思っています。今は、栄養が十分に足りているので、欲しいとは思いませんが、食べたければ、「アイス」でも、「ケーキ」でも、「饅頭」でも(嗜好品と捉えます)、「罪悪感を感じずに適量(1個)」食べます。また、その分、食事量を減らしたりはしません。増えた分は全部、自分に振りかかってきますから、また、めげずに頑張ります。でも、おそらく食べないと思います(予想w)。振り出しに戻るのも嫌ですからね。

以前は、設定範囲内でと思っていましたが、それだと必要な栄養素が取れない恐れもあるので、これからは、嗜好品は設定外にすることにしました。その分、カロリーが増えたりはありますが、良しとします。

「嗜好品は嗜好品、食事は食事」と考えます。おいしく、味わって食べられたら、それで十分だと思います。勿論、毎日、それをやっていたら体重や体脂肪に跳ね返ります(笑)。ただ、私は、体重や体脂肪に反映するからと、ビビッて食べたくはないなぁと思うんです。だって、楽しくないですもん(笑)。また、罪悪感を抱えるくらいなら食べません。

Body-makeをする上で大切なのは、「何を食べないか、何を食べてはいけないのか」より、「何を、どう食べて行くのか」なのだと思います。また、日々、栄養が十分に足りていれば、どんな時でも、暴飲暴食には至らずに済むとも思うのです。

本日の栄養表


PAGE TOP